ネオトライダガーZMC Final Section 〜NEO BEGINiNG〜

ネオトライダガーZMC Final Section 〜NEO BEGINiNG〜

1,283 viewed
2023/03/07 15:32 に公開

岡田鉄心との共同開発で誕生した事で知られる、究極の鋳造マシンのひとつとして名高い逸品。炎のデザインは完成直後に走らせたレースにて焼き付いた軌跡を、タミヤがデータ収集の上、メンテナンスの効率を考慮してシール化していった経緯がある。

この一台、どの仕様なのだろうか...

わかっている事
WGP白熱の末に搭載されたフロントサスペンションとバンパーの歪み、更にはシャイニングスコーピオンに代表される岡田鉄心特有の不思議な設計において発生し、内包される「熱」をも前提としたアップダウンスラストを駆使、更には走行中にあまりの速度にタイヤが延長する事(やはり、この画像でもタイヤは形が歪んだいる)を利用した、しなやかで鋭い走り。フロントのホイールカバーは歪みをZMCで軽減しつつ空間をそのまま回転させて2つ以上のタイヤとなり、リアタイヤはクッションのような柔らかさを利用し、その全てはノンブレーキかつ、フルスロットルに壁走りで駆け抜ける、あの当時のモデルである事...

灼熱の痕跡として、ローラーの角度はその瞬間のまま残してあるようだ。

ホイールの回転で生まれた熱と空力はカウルとボディ後部に存在する、ある種本物と思わせない工夫がされたシール装置にて、そのエネルギーをブースターとして更なる次元を目指している。

念の為シャーシやローラーには高熱に耐えうる装備を手作りか、工場で特別に試験製造された物が採用されている。

まさかのレースにおいても使う時が来るとは、
どれほど過酷な勝負だったのか、
日本代表は選手権だけでなく、エンジニアも確かに健闘していたようだ。

製作 ストーリー考案 ιdeaS (写真まだ作ってません)


Comment