スピンバイパー 時の革命 プレアデスιdea 三国財閥 NAARマサチューセッツ工科大学 共同開発史

スピンバイパー 時の革命 プレアデスιdea 三国財閥 NAARマサチューセッツ工科大学 共同開発史

1,157 viewed
2023/03/07 10:50 に公開

スピンバイパー 時の革命 プレアデスιdea 三国財閥 NAARマサチューセッツ工科大学 共同開発史

スピンアックス計画の最も初期から存在していた開発史をイメージして作成してます。ホイールはサスペンションや、フロントの空調カウルと連動して、キットでも再現されているホイールの大経及び小経を差し替え式に改造し、左右非対称さを増大させて見栄えを調整。一応まだ実車の段階で計画を進めていたり、ウィンドウにシールを貼ったり、リアルシャーシが見える状態でテストしていたり、ステッカーデザインは白系統のミニ四駆やミニカー、はたまたプラモデルから流用された可能性も残っています。もしくは、塗装用のガイドやアタリを考案しているかと。

三国家の家業の名残も見受けられるウイング鉄骨デザインにおけるロックナットはポリカやプラ材や金属、多くの可能性を試した痕跡が淡いブルーシルバーで確認できる。ボディとの繋ぎアタッチメントもまだ試行錯誤の状況で、多くの素材やパーツ、一体成形を取るか分割構造を取るか、同じく熱心に研究されたようだ。

写真の内容は、それらをイメージして仕上げました。
更に、TRFビクトリーズとも関連がある日本のタミヤ主導のチームこと、お馴染みTRFというメカニック集団もこの実験に参加していたようだ。スピンシリーズはアックスやコブラ、多くがWGPや大神レース、または一般的なレースで活躍している最中で研究データを随時更新し続けて、WGP後半にて三国藤吉のマシンとして世間にお披露目になった経緯を持ち、三国コンツェルンと共同開発者達の命運を握るマシンとなったようだ。

製作及び撮影、ストーリー考案、ιdeaSより


Comment